合同説明会に行く時は履歴書と職務経歴書を持参して

###Site Name###

合同説明会に行く時は履歴書と職務経歴書を持参していきます。

それも大量にもっていったほうがいいです。


履歴書は手書きでないとだめという時代ではないです。

合同説明会には積極的に挑みましょう。

昔はその筆跡から人柄をみるとのこともありましたが、いまはそんな時代でなく大量に応募することもあるので、ワードで打ち出したもので名前だけを自筆の場合も受け取ることが多いのでたくさん用意します。



それと職務経歴書が必要ですが、職務経歴書とは、具体的にいつの時期にどのような部門で何を担当していたか記載するもので、職務の経験の度合や応募仕事内容についての習熟度について詳細に記載するもので、履歴書は抽象事項で仕事の在籍内容と自己アピールが中心で、職務経歴書は具体的な仕事のスキル、経験、内容について表記するものですので、役割が少し違うので注意です。



ではなぜこれが大量にいるといいますと合同説明会は、たくさんの企業のそれも人事担当者が来ています。
ときには、選考会を兼ねて行うこともあり、予備面接もしてくれるかもしれませんし、それがなくともこのような応募書類を渡しておくと後日に面接への案内がくることが度々あります。

合同説明会は、そのときに人事担当者に自分の事を少しでもアピールできるいい機会です。但し合同説明会で個人情報を渡すことに懸念がある方はお勧めできませんが、せっかくの応募機会を見逃すことは損だと思いますし、一度にたくさん面接が予備でも受けることができると、採用されるチャンスを生むと言えます。

2015の新卒がサイトを作成しました! >>DYM2015